家に住み着いた害獣を撃退|イタチがもたらす被害

女の人

ねずみを駆除する方法

一軒家

不快な環境づくりが効果的

ねずみが屋内に棲み着くと様々な被害が発生します。抵抗できない赤ちゃんや高齢者に対して噛みつくなどの行為をすることがあり、噛まれた箇所から細菌が入り込んで病気になることがあります。またねずみの身体や糞尿からダニやノミが持ち込まれたり、病原菌によって伝染病に感染する危険もあります。ねずみを見つけたらすぐに業者にねずみ駆除を依頼することが大事です。個人でもねずみ駆除ができますが、忌避剤スプレーを利用する時には注意が必要です。1度の使用で効果があってもなずみに学習させるために何度も繰り返して使用するのがポイントです。また超音波や電磁波によってねずみ駆除するグッズがありますが、ねずみが棲み着かないようにするには不快な環境づくりが重要なので、長期間に渡って対策をする必要があります。

習性を利用して駆除する

ねずみ駆除が難しいのは、環境に適応する能力が高いという特徴があるからです。また学習能力も高いので、忌避剤などをまいてもそれを避けたりします。繁殖能力も高く、生まれて2ヶ月から3ヶ月で繁殖可能となります。そのためすぐに駆除しないとすぐに増えてしまい、手に負えなくなります。人の食べるものなら何でも食べるのがねずみなので、深夜などキッチンに食べ物を置いておくと食べられてしまいます。ねずみ駆除をするためには目に見えるところに食べ物を置かないなどの工夫が必要です。ねずみにはこのような習性があるので、完全に退治するには専門のねずみ駆除業者に依頼した方が安心できます。また駆除後には再侵入されないようにアフターケアをしてくれる業者を選ぶことが大事です。